So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

比婆山 [2014年の山]

比婆山

御陵1264m

比婆山というものの、その名を記す山は、ないらしく。古事記の伊邪那美の命を

祀るという御陵があるピークを比婆山しているようで、馬蹄形に連らる、牛曳山

毛無山、烏帽子山、御陵、立烏帽子山、池の段等の山々を比婆連山として最高峰

の立烏帽子山1299mを比婆山とすることも、あるらしく。ちょっとややこしい。

こちらは比婆山からではないが、道中で伯耆大山が良く見えたのでアップ。すでに

冠雪したニュースを聞いていたが、その雪が残っているようで山頂部が白かった。

PB110014 (800x595).jpg

ひろしま県民の森 公園センターから御陵に向かう。

PB120075 (800x600).jpg

暦では、もう冬だがキャンプ場の小川には、紅葉がはらはらと

水面に舞い落ちてと、まだ晩秋の風景が残っていた。

PB120062 (800x600).jpg

登山口

最短コースで御陵に向かう、スキー場のゲレンデに沿ってで

ちょっと趣には欠けるが、まだまだ錦の衣を纏い紅葉が残る比婆連山を

見渡せながらと展望の良さは、それを補って余りある。

PB120057 (800x600).jpg

ブナの樹林帯では木々がすっかり葉を落とし、登山道を覆い尽くした

枯れ葉が、歩くたびにカサカサと音をさせてと、心地よい山歩きだ。

PB120051 (800x600).jpg

伊邪那美の命の墓所とされる御陵は真ん中に、ちょっと大きな石があり

周りをイチイの木で囲われた、少し小高い土盛りのような感じ。

PB120048 (800x600).jpg

PB120043 (800x600).jpg

御陵からは烏帽子山を経由して出雲峠に下り公園センターにと。

周回するつもりだったが。雲ってきだし、毛無山などは山頂が

雲に覆われだしたので烏帽子山手前の鞍部から巻道で引き返し。

尾根コースで下山。果たして、公園センターまで、あと少しの所で

雨が降りだした。天気予報は晴れだったのだが、最近は外れが多い。 

PB120050 (800x600).jpg


nice!(0)  コメント(0)