So-net無料ブログ作成
2019年の山 ブログトップ

木曽駒ケ岳 [2019年の山]


木曽駒ケ岳



P5150795.JPG



菅の台 バスセンター

大型10連休明けとあってバスセンターの駐車場に

停まっている車はまばら


P5160861.JPG


貸切状態のバスでしらび平駅に


P5160859.JPG



しらび平駅から駒ケ岳ロープウェーで標高2650mの千畳敷駅に

P5160858.JPG




千畳敷カールでは菅の台を始発バスに乗ってきたと

思われる集団が八丁の直登に挑戦中の姿が遠望される

P5150798.JPG



こちらもまず駒ケ岳神社にお参りしてから

準備を整えて出発

2日程まえから降っていた新雪が緩み

あちこちから雪崩が起きている


P5160855.JPG




八丁の直登に喘ぎながら乗越浄土に上がってきた

P5150831.JPG




宝剣山荘

P5150806.JPG




風を避け天狗荘の倉庫前で昼食休憩したのち

中岳へ、中岳山頂からは宝剣岳がいいアングルで臨める

P5150811.JPG


一旦鞍部に下り最後の登りで木曽駒山頂に

P5150817.JPG



残念ながら乗鞍も御嶽山も山頂は鉛色の雲に覆われ姿が見えず

P5150819.JPG








nice!(0)  コメント(0) 

赤坂山 [2019年の山]

赤坂山 824m


高島トレイルの主峰、赤坂山へ雪を期待して行く。

登山口のあるマキノ高原の駐車場

スキー場になっているはずだがゲレンデになっているはずの場所や

スロープには全く雪は無!登山する人も平日の月曜とあってか

他には2台しか見当たらない。準備をしていたらあと1台やってきたが

雪山で名の知れた山の割りにはちょっと寂しい人出。


P2180390.JPG




スキー場の奥の登山口からは丸太で土止めされた階段が連続

コース案内図には良く整備された階段が続くとなっているが

雨で深く掘られて段差が大きくなっていたり丸太を止める

立杭だけが残っている場所があったりで、少し歩きづらい


P2180394.JPG


ブナの木平の東屋


P2180398.JPG





送電線の下を過ぎて、しばらく沢沿いを進むと

標高500m付近で堰堤と出会う。

P2180399.JPG



620m標高点からは粟柄峠まで送電線を右手に

沿って上がって行く。


P2180402.JPG




粟柄越はだっだった広い笹原、雪があるので、どこでも歩いて

行けるが油断をすると膝まで踏み抜く。粟柄越え手前で出会った

地元の登山者からの話では、今年は雪が少ない1mほどの積雪

なのでツボ足でも歩けるが、いつもは踏み固められたトレースが

なければ、ワカンやスノーシューを使わないと大変だとか。

赤坂山山頂

後方は三国山


帰路は寒風から周回と思っていたが先ほどの方から

寒風へはあまり歩かれていないので昨日の雪でトレースも

消えているだろうしツボ足では難儀するかもとアドバイスが

あったので素直にピストンで下山


P2180406.JPG



高原[いい気分(温泉)]サラサで温まったあと、有名な高島のメタセコイヤ並木

を通って帰る、さすがに有名なだけあった2、4kmに続く

並木道のあちこちで観光客がカメラを構えていた。


P2180430.JPG




nice!(0)  コメント(0) 

高見山霧氷 [2019年の山]

高見山霧氷


DSC02249.JPG


関西では霧氷のメッカとしてあまりにも有名な高見山へ。

コースは温泉施設がある「たかすみの里」から

霧氷のシーズンに運行される「霧氷号」の臨時バスも

ここ来る。広い駐車場だが日帰り入浴の客のために

登山者用には半分ほどに仕切られている。

2月の本格的なシーズンになると、トロトロと

来ていたら土日などは駐車できなくなりそうだ。



川沿いの遊歩道から赤い欄干の橋を渡り左の登山道に入る


P1010195.JPG


途中の休憩ポイント 高見杉とその横に崩れそうな休憩所


P1190190.JPG



尾根に上がると国見岩とか息子岩とかの案内板が出てくる

P1010200.JPG


だんだんと木々の梢に霧氷が見え出した

P1010205.JPG



P1010223.JPG


稜線まで上がると、ようやくエビの尻尾らしくなってきた

P1010246.JPG


P1010252.JPG



山頂のお社 たかすみ神社

P1010254.JPG



神社手前の展望台で昼食休憩、こんなに天気が良くて風がないのは

珍しいらしく、いつもは風で寒くてとても座って食事なんか出来ない

とか。高見山というだけあって360度遮るものがない大展望


P1010272.JPG



帰りは時間があったので石舞台などある明日香方面に廻り

紅葉で有名な談山神社に寄った。残念ながら拝観は16時

まで拝観はできなかったが料金所が、すでに無人だったので

境内を少し散策させてもらった。


P1010274.JPG


P1010279.JPG




nice!(0)  コメント(0) 
2019年の山 ブログトップ